バガンの絶景穴場スポット「ブルディ(Buledi)」は朝日におすすめ!(2018年 シュエサンドーパヤーは閉鎖中)|ミャンマーひとり旅①

f:id:life-buffet:20180103110100p:plain

 2018年の年末年始、ミャンマーのバガンを一人旅満喫中のすぷやん(@life_buffet)です。

バガンの名物と言えば、サンセットサンライズ。寺院群(パゴダ)を照らし出す朝日や、沈みゆく夕日はとても幻想的なのです。

私もせっかくなら、バガンの初日の出を拝みたい!と思い、さっそく日の出スポットをリサーチ。すると、地球の歩き方などに紹介されている絶景スポット「シュエサンドー・パヤー」は修繕のため2017年12月から閉鎖されてしまっているとのこと・・・。

そこで、地元の人が「ブルディ(Bu le di)」という場所をオススメしてくれましたので紹介します。日本のガイドブックには、まだあまり載っていない穴場スポットですよ。

 

ブルディから見えるフォトジェニックな寺院群

冒頭で「バガンの初日の出」を見に行く!と述べましたが、なんと私の滞在中、バガンはずーっと雨。残念ながら、朝日も夕日も見られませんでした。この時期(12月~1月)は、ミャンマーは乾季にもかかわらず、なぜかバガンは小雨日和が続いています。

 

しかし!!安心してください!!たとえ雨が降ろうと、ブレディからの眺めは絶景でした!!少し湿った感じがまた、良い感じに旅情を引き立たせます。

f:id:life-buffet:20180102232347j:image f:id:life-buffet:20180102232444j:image

まさに、旅人が求める「THEバガン」という景色がここにあります。

私がブルディにいる間も、雨足はだんだん強くなりましたが、それでもこの風景に心が奪われて、30分以上は滞在してしまいました。写真を夢中で撮り続け、後で見返すと似たような写真が何枚も・・・(笑)。

f:id:life-buffet:20180102232325j:image

正直、雨の日が続いて、少し落ち込んでいたのですが、この景色に出会えただけでも「バガンに来て良かった!」と思えるくらいでした。

 

ブルディは朝日にオススメだけど、夕日(サンセット)は?

ブルディは朝日だけでなく、夕日、そしてもちろん昼間のビューポイントとしてもおすすめです。

しかし特に朝日がおすすめな理由は、ブルディの東側に仏塔(パゴダ)が大きく見えるからです(↓この写真のイメージ)。そして、バルーン*が飛ぶのもこちらの方角です。

f:id:life-buffet:20180102231811j:image
*10月〜3月の乾季には、熱気球に乗って朝日を見るツアーがあります。$320~と少しお高いけど、興味のある人は宿の人に言えば申し込めますよ。

 

夕日が沈む西側にも仏塔はありますが、少し遠目になります。こちらの写真も、かなりズームして撮ったので、東側の方が景色としてはおすすめ。

f:id:life-buffet:20180102232415j:plain

とはいえ、ここまで広くバガンを見渡せるスポットは他にもあまり無いので、ぜひ晴れている日に滞在される方には朝日も夕日も見に行って欲しいですね。

 

ブルディ(Bu le di)の場所&アクセス方法 

場所

バガン観光の中心となるオールドバガンの手前を、少し南に入ったところにあります(ティーローミィンロー寺院とスラマニ寺院の間)。タクシーや馬車の運転手には「Bu le di」と言えば通じます。

自分で行く場合は、左折する道を間違えないようにしましょう。(一応、看板出てるけど分かりにくい)

f:id:life-buffet:20180103104555p:plain

 

ニャウンウーからの所要時間(目安)

下記は目安です。宿の場所によっても異なるので、宿の人に確認して、余裕を持って出発してください。

  • タクシー(車):約15分
  • Eバイク:約20分
  • 馬車:約30分
  • 自転車:約40分

 

足元注意!絶景なのに日本のガイドブックの載らない理由

こんなに素敵な景色が見られるのに、なぜ日本のガイドブックにはあまり載っていないのでしょう?私の勝手な憶測ですが、理由はおそらく「足元が危険だから」。 

f:id:life-buffet:20180103110520j:image

このややスリリングな感じ、伝わりますでしょうか?こういうところが、日本ではあり得ないですね(笑)。実際に事故も起きているようなので、絶景に気を取られ過ぎて落ちないように気をつけましょう!

ちなみに、ブルディ寺院の全体像はこちら。この急な階段を裸足*で上がっていきます。手すりも無いので、一歩一歩、注意して上がりましょう。

f:id:life-buffet:20180102232446j:image

 

*ミャンマーの寺院は裸足で上がらなければいけません。足はかなり汚れるので、スニーカーではなくクロックスがおすすめ。

 

降りるときはもっと注意が必要です。この斜面(階段)が急な感じ、伝わりますかね?

f:id:life-buffet:20180102231858j:plain

ちなみに周りに灯りなどは無いため、朝日が昇る前、夕日が沈んだ後は、真っ暗になるぼで、懐中電灯(できれば頭や洋服につけられるやつ)などを持参することをオススメします。 夕日を見に行く場合は、沈みきる前に降りてしまった方が良いと思います!

 

 

まとめ

  • シュエサンドー・パヤーは2017年12月より閉鎖中
  • ブルディはシュエサンドーパヤー同様、絶景スポット!
  • ブルディは今出ているガイドブックには小さくしか掲載されていないので、穴場スポット!
  • 朝日(サンライズ)が特におすすめ!でも暗いので、足元注意!
  • 雨や曇りのばガンでも、ブルディからの景色は素晴らしい。旅人が求める旅情がそこにはある!