読書

Kindle Paperwhiteを1ヶ月使用して見えてきたメリット&デメリット【初めての電子書籍】

f:id:life-buffet:20171209163553p:plain

Kidle Paperwhiteを購入してから1ヶ月が経ちました。

実際に通勤の読書用に持ち運んで使っておりますが、正直めちゃくちゃ満足しています。

ということで、「本の質感大好き・紙派」な私が、Kindle Paperwhiteを使って感じるメリットと、紙に比べて感じるデメリットを、お伝えしたいと思います。

購入時の懸念点は全て払拭された!

重さは全く気にならない

購入前、私が一番気になっていた「重さ」に関しては、全く気になりません。つまり、読書する上で全くストレスを感じません。(>>実際の紙の本と重さを比べた様子はこちらの記事をご参照

f:id:life-buffet:20171110012922j:image

ということで、普段はこちらの可愛いカバーをつけて使っています。カバーつけると重くなるかな・・・という懸念もありましたが、カバー有りでもストレスフリーで読書できています。

 

手が疲れない

実際、Kindle Paperwhiteにカバーを付けたときの重さは、B6判の書籍より少し軽いくらいの重さになります。しかし、体感としては文庫本と同じくらいの軽さに感じるのです!!!

f:id:life-buffet:20171110012929j:image

で、この理由を考えた時に「手や指に負担が少ないから」という結論に至りました。

次の写真を見てください。紙の本を持ったときと、Kindleを持ったときのイメージです。

f:id:life-buffet:20171209165405p:plain

紙の本の場合、ページを開くために指で本を押さえつけている形になります。通勤で人が多い中だと片手で持つことも多いので、本が大きくなればなるほど、手や指がかなり疲労します。

それに比べて、Kindleの場合はページを指で強く押さえる必要はなく、添えるだけ。手が全然疲れないのです!!これは、購入時には想像していなかった、意外なメリットでした。

目も疲れない

これは、紙の本と同等レベルに目が疲れない、ということですね。スマホやタブレットで文字を読むのに比べて、格段に疲れがありません。

電子書籍をスマホやタブレットで読んでいるよ、という方がいれば、Kindleに切り替えることをオススメします。

紙派が感じる、電子書籍のデメリット

本全体のページ感が掴みづらい

「今どれくらいのところまで読み終わったのか」が感覚としてつかみづらいです。本だと一発なのですが(当たり前)。 f:id:life-buffet:20171209172814j:image

一応こんな風に、全体の何%読んでいるのか、表示はできます!(便利やん!?)ただ私がまだ慣れていないせいか、この機能を使いこなせていません・・・(笑)。

数ページ前に戻って読み返したいときに不便

例えば、本を読み進めながら「ここはどうだったっけ?」と思い、今読んでいるページを指で挟んで数ページ前をパラパラめくって確認することってありませんか?

そういうとき、電子書籍だとなんどもタップしなくてはいけないので、少し面倒です。で、私なんかは元のページがどこだったか分からなくなってしまったり(笑)。

f:id:life-buffet:20171209174454j:image

一応、しおり機能もあるのですが、私はまだ使いこなせていません。たぶん、使いこなせればこの辺りの悩みも解消されてくるはず!

読みたい本が電子書籍化されていない場合もある

先日、書店で見かけて読みたいと思った本があり、どうせならKindleで読もうと思いAmazonを検索・・・。すると、残念ながら電子書籍化はされておらず、こんなこともあるよね〜と実感。

ちなみにそのときの本はこちら。黒柳徹子さんと、「ほぼ日刊イトイ新聞」でおなじみの糸井重里さんの対談!!めっちゃ面白そうじゃないですか!?

すぷやん
すぷやん
コソッ(Amazonほしいものリストでこっそり公開中だよ。誰かプレゼントしてくれたら嬉しいよ(笑)。)

Kindle Paperwhiteを実際に使って分かった意外なメリット

充電の持ちがめっちゃ良い

私は通勤時間の片道約20分間で、Kindleで本を読んだり読まなかったりしていますが(スマホいじってることも多い)、1週間くらい充電しなくても余裕で持ちます。というか、この1ヶ月間で数回しか充電をしたことが無いような気がします。

それくらい、電池の持ちは良いので、毎日バッテリー容量を気にする必要は全くありません。

PrimeReadingで普段読まないような本も読むように

アマゾンのプライム会員であれば誰でもPrimeReadingを無料で利用できます。PrimeReadingとは、500冊以上の対象書籍を無料で読めちゃうという、とってもお得なサービス。対象商品は定期的に追加・変更されます(>>PrimeReadingの詳細はこちらの記事をご参照

無料で読めるので、普段買わないような本も気軽に読むことができ、読書の幅が広がります。ちなみに私もせっかくなので、ナポレオン・ヒルの「思考は現実化する」を読んでみました。

個人的には、あまり好みの内容ではありませんでしたが、このような古典本はとても参考にはなるというか、勉強になる部分は多いです。何かしらの夢や理想を持っている方は、一度読んで損はないです。

試しに読んでみるには、2,000円だと少しためらってしまいますが、無料であればバンバン読めちゃうので嬉しいですね♩ たくさんの本から、たくさんの考えや思考を吸収したい!って方は、ぜひプライム会員(月額325円=年額3,900円)に登録するのをオススメします。(こんな難しい本だけじゃなく、雑誌やマンガも無料ラインナップ多いよ)

定期的なKindle本セールがお得

Kindle本は、日替わりセールや週替わりセールを常に行なっていたり、不定期的にIT・専門書フェアなど、特定のジャンルの本の半額セールなどを行なっています(しかも結構、頻繁に行われる)。

普通の書店だと、本が半額になっていることなど有りえないので、最初はかなり驚きました。ちなみに、ウェブ関連の仕事をしている方、ブロガー、ウェブライターの必読本「沈黙のウェブライティング/マーケティング」も不定期的に50%オフで買えますので要チェックですよ!

おまけ:Amazonサイバーマンデーでベストセラーが半額だよ

現在開催中の、年に一度のAmazon大セール「サイバーマンデー」(2017年12月11日(月)23:59まで)。家電や食料品に目が行きがちですが、実は密かにKindle本も半額セール中です。

どうせいつものラインナップだろう・・・と思っていたら、普通に読みたい良書やベストセラーが勢揃い!!!この機会に読んでおきたい本が、かなりセール対象になっています。

▼ノーベル経済学賞を受賞した、リチャード・セイラーの著書。この機会に本棚に追加しておきたい一冊。

ちなみにKindle Paperwhiteもサイバーマンデー中、プライム会員なら7,400円割引で購入できます(通常は4,000円割引)。私もあと1ヶ月待てば良かったな・・・と後悔していたり。迷っていた方は、この機会に購入するのがベストです!

まとめ:紙派の人にもKindle Paperwhiteは超おすすめ

ということで、紙派の方や、初めての電子書籍を購入する方にも、紙の本に比べてもストレスフリーで使用できるKindle Paperwhiteはおすすめの一品です。気になっていた「重さ」や「ページめくりの操作」などは、全然問題ありませんでした。

それに本好きの方なら、PrimeReadingも一緒に利用すれば、かなりお得に読書ライフを楽しめます。読む本の幅も広がると思いますよ〜。

https://www.life-buffet.com/entry/kindle-paperwhite