【エアソウル搭乗レポ】アシアナ航空の予約がコードシェア便でLCCだった

エアソウル登場レポ

2018年8月、エアソウルで、成田からソウルの仁川空港に行ってきたので、搭乗レポをしていきます。

エアソウルは、2015年に設立された新しい韓国のLCC(格安航空会社)で、アシアナ航空の傘下にあります。つまり、ANA(全日本空輸)でいうところのピーチってわけですね。

実は私、もともとエアソウルではなくて、アシアナ航空でチケットを取っていたのですが、チェックインカウンターでエアソウルとの共同運航便ということが判明!

えー!?せっかくアシアナ航空のチケット取ったのに、LCCの機体に乗らなきゃいけないわけ!?

ついてないなぁ・・と思ってたのですが、搭乗すると意外と快適だったのです!(むしろ機体が新しいので、キレイ!)

ということで、次のような方はぜひこの記事を読んで参考にしてみてください。

  • エアアジアに初めて乗る予定の人
  • アシアナ航空取ったけど、エアアジアのコードシェア便と発覚した人
  • アシアナ航空なのに、機内サービスもLCCになっちゃうの?と不安な人

エアソウルの座席

足が伸ばせる!LCCなのに広くて快適な機内

すぷやん
すぷやん
せっかくアシアナ航空を予約したのに、LCCにダウングレードなんて・・・これって詐欺じゃない??

そんなこと思いながら搭乗し、座席に座るとあら不思議!?

前の座席との幅が広くて、座って十分に足を伸ばせるではありませんか!?(むしろ、ベトナム航空とか中国なんとか航空よりも全然広い!!)

エアソウル 口コミ

写真じゃ少し伝わりにくいかもしれませんが、前の座席との距離が広いのが分かりますでしょうか?

これなら少しガタイの良い男性でも(あくまで日本人を想定)、前のシートに足がぶつかることはなさそうです。

実際に調べてみると、確かにエアソウルがいちばん座席間隔が広いことがわかります。(全てスタンダードシートを比較)

  • エアソウル:32.1インチ(約81.5cm)
  • エアアジア:27インチ(約70cm)
  • ピーチ航空:29インチ(約74cm)

この5~10cmの差が、快適さに大きな差をもたらすので重要です。

また、座席が心なしか高い(または深い?)ようで、161cmの私で少し足が浮くような間隔がありました。だから、足が長い人でも十分にスペースが確保できるはず(笑)。

座席のモニターでは映画は見れない

エアソウル 口コミ

各座席には、モニターが付いております。

ただし映画や音楽などのエンターテイメントの提供はなく(2018年8月現在)、航空マップや、機内免税品販売のコマーシャル、ミニドラマ、日本の観光案内などが順番に流れています。

なるほど、エンターテイメントではなく広告スペースということなのかな。LCCなので、それはそれで納得(むしろよくできている)。

エアソウル 口コミ

観光案内のプログラムは、静岡とか鳥取とか、場所のチョイスが絶妙で面白い(笑)・・・と思ったら、どうやらエアソウルが就航している都市のようです。

韓国の女の子たちが、日本各地の観光スポットを紹介するという内容です。

※ちなみに、モニターの電源をOFFにすることも可能です。

エアソウルの機内食(アシアナ航空予約なら無料)

ヘルシーで美味な「健康弁当」

すぷやん
すぷやん
お腹ペコペコで搭乗したけど、機内食は出てくるよね?LCC待遇で有料だったら嫌だなぁ

そんなことを思っていると、ちゃんと機内食が運ばれてきました。

隣の人には運ばれていなかったので、「アシアナ航空で予約した人」「事前予約した人」のみに配られているようです。

エアソウル 機内食

機内食の種類はというと、なんと「ヘルシーランチボックス(健康弁当)」!しかも394カロリー!!

まさかの「チキンorビーフ?」ではないという衝撃(笑)。

さっそく蓋を開けてみると、本当に野菜(サラダ)と果物しか入っておりません!!

エアソウル 機内食

気になるお味はというと、かなり本格的で美味しい!

普通にレストランで出てくるサラダ見たい♡正直、日本のコンビニのサラダよりも美味しいです。

ドレッシングは、オリーブオイル入りのバルサミコソースで、こちらも機内食とは思えないくらい本格的。

サラダの内訳
  • レタス
  • サニーレタス
  • パプリカ
  • ミニトマト
  • クルミ
  • ギンナン←すご

 

カットフルーツ
  • オレンジ
  • りんご
  • キウイ
  • ブドウ

その他にも、かぼちゃのサラダとレンコンの漬物(?)が入っていて、それぞれ食べやすくて美味しかった。

炭水化物は一切入っておらず、正直ボリュームには欠けるので、普通の機内食を期待していた腹ペコの男性とかには可哀想だなぁと思う。

個人的には夜遅いフライト(20:25成田発)だったので、サラダとフルーツで済ませられるのはとても嬉しかった。

海外旅行は、どうしても野菜不足になりがち(どこの国も肉料理が多い)なので、機内食で摂取できるのは、なかなか名案だと思う。

事前予約の機内食は、全体的にお高め

ちなみにこちらの「ヘルシーランチボックス」、エアソウルで普通に予約すると1,500もするみたい。

確かに美味しいんだけど、ボリュームを考えるとかなり割高かなぁ〜。

エアソウル 機内食

ちなみにこちらが、事前予約できる機内食の全リスト(機内で購入できるのはカップ麺などのみ)。

エアソウルの機内食は、1,000円〜1,500円と全体的に値段が高い

ヘルシーランチボックスの美味しさを考慮すると、プルコギなどもきっと美味しいに違いないのだが、値段を考えると現地韓国で食べた方が良いかなぁ〜(笑)。

エアソウルのおまけ情報

アシアナ航空の人は、アップグレードしやすい?!

チェックイン時、「乗り継ぎ時間が短いから、本当は有料なんだけど、前側の席にしておくわね」と言われ、C3のシートをゲット。

あとから知ったのですが、前3列はMINT ZONE(ミントゾーン)と呼ばれるプレミアムシートなのです。

他と比べて、座席が特別広いわけではなかったので、乗降時に扉に近いのと、CAさんが呼び出しやすいのがメリットといったところでしょうか。

あれ?でも私、韓国での乗り継ぎ時間は2時間45分もあるんだけど?!

飛行機が遅れているわけでもないのに、謎の理由でプレミアムシートをゲット。ま、アップグレードされ分には構わない。笑

あくまで私の個人的な考察ですが、

  • アシアナ航空でチケット予約している場合
  • 到着地での乗り継ぎがある場合

は、比較的アップグレードされやすいのではないかと思います。

乗継でも、手荷物は最終目的地まで運んでくれた

実は今回、韓国ソウルを経由してモンゴルに行きました。

乗継ぐ後の便は、ミアットモンゴル航空という別会社の便。しかもアライアンスに加盟していない独立系航空会社。

  • 成田→ソウル仁川 アシアナ航空(エアソウル)
  • ソウル仁川→ウランバートル ミアットモンゴル航空

 

手荷物を一度ピックアップする必要があるか不安でしたが、到着地までそのまま持っていってくれました

この辺りは乗り継ぎ後の航空会社にもよると思いますが、エアソウル(LCC)だからと言って、ピックアップが必要になるわけではなさそうです。

不安な方は、搭乗日の前に航空会社や旅行代理店に確認してみてください。

 

CAさんの日本語はあまり上手じゃない

当たり前ですが、CAさんは韓国語での案内がメイン。

日本ー韓国便の場合、一応全員、英語または日本語ができるみたいだけど、正直日本語はあまり上手な人はいないようでした。

日本語なんだけど上手く聞き取れず、何度か聞き返してしまうこともしばしば。

ま、たまたまかもしれませんけどね。

まとめ

今回は意図せず、エアソウル便に乗ることになりましたが、LCCとは思えないくらい快適でした!

というか、次から積極的にエアソウルを使っていきたいと思っているくらいです。

アシアナ航空を予約した人も、コードシェア便だったからといってガッカリする必要はありませんので、安心してください!

  • 座席間隔が広くて足が伸ばせる
  • 機内食が美味しい
  • 乗継ぎがあっても、手荷物ピックアップ不要(航空会社による)
  • 機内エンターテインメント(映画・音楽)がない
  • CAさんの日本語があまり上手じゃない

日本・韓国間の行き来ならエアソウルでも十分快適に過ごせるので、気になっている方はぜひ予約してみてください。

というか、個人的にはエアアジア等よりも、かなり快適だと思うので、今後日本からアジア各地への就航便が増えることを期待しています!

 

韓国で、金浦空港から仁川空港への乗継が必要な方は、こちらの記事も参照してください。

あわせて読みたい
【金浦空港から仁川空港の移動方法】韓国トランジットは空港鉄道(A'REX)が便利! 2017年12月末、韓国で「金浦空港から仁川空港」と空港をまたがる乗り継ぎをしました。 トランジットだけで韓国に寄るのなら...