【バリ島観光】コーヒー農園の試飲が楽しい!世界一高級な「ルアックコーヒー」も

バリ島ルアックコーヒー

こんにちは。インドネシアのバリ島で休暇を満喫中の、すぷやん(@life_buffet)です。

インドネシアは、世界有数のコーヒーの生産地としても知られています。特にバリ島は、世界一の高級豆「ルアックコーヒー(コピ・ルアック)の生産地。その独特な製法から希少価値が高く、幻のコーヒーとも言われているんです。

すぷやん
すぷやん
1日にコーヒーを3杯以上飲むコーヒー好きとしては、バリ島のコーヒーを満喫しなくては!!

ということで今回、バリ島のコーヒー農園に足を運んできました。

バリ島のコーヒー農園は、無料見学ができるほか、コーヒーやお茶などの無料試飲も行なっています。実は当初、他の観光地に訪れるついでに立ち寄っただけだったのですが、このコーヒー農園の見学が想像以上に楽しかった ので、体験レポを綴りたいと思います。

世界一の高級豆「ルアックコーヒー」って一体何!?

1杯7,000円!?ルアックコーヒーが高価な理由

そもそも、バリ島の名産品「ルアックコーヒー(コピ・ルアック)」って何なんでしょう?実は、このルアックコーヒー、リッツ・カールトン・東京で1杯5,000~7,000円で提供されている、超高級品 なんです。

高級豆として知られるブルーマウンテンだって、そこまでの値段はしませんよね?。では何故「ルアックコーヒー」が、そんなにもお高いかというと、年間の生産量が極めて少ない、希少価値のあるコーヒーだからなのです。

ジャコウネコの糞から採れる、高級コーヒー

年間の生産量が少ない理由は、その製造工程に秘密があります。

なんと、このルアックコーヒー、ジャコウネコのうんちから採取されるんです!!

すぷやん
すぷやん
えええ!!コーヒー豆って木になるんじゃないの!?ネコの体内でコーヒー豆が作られるの!?
ペンギンさん
ペンギンさん
落ち着いて。ジャコウネコがコーヒー豆を生成するわけではないんだよ(笑)。

ルアックというのは、インドネシア語でジャコウネコ(ハクビシン)のこと。ジャコウネコにコーヒー豆を食べさせ、未消化のまま糞として排出された豆からつくられるのが、ルアックコーヒーなのです。

そもそもジャコウネコは、美味しい豆だけを選んで食べると言われています。コーヒー豆はジャコウネコの腸内で自然発酵され、このときの消化酵素の働きにより独特の香りや風味が加わるということ。

本来、コーヒー工場で行う「豆の厳選〜収穫〜発酵」までの作業を、ジャコウネコが全部行なってくれるんですね。このようにジャコウネコちゃんがコーヒーを生産するので、大量生産ができず、希少価値の高いコーヒーが生まれるわけです。

バリ島コーヒー農園を見学(無料)

コーヒー農園は、バリ島の中心地ウブドから、タクシーで30分ほどの地域に点在しています。バトゥール湖やキンタマーニ高原への道中にあるので、合わせて行くことをオススメします。

コーヒー農園の入り口に着くと、おっちゃんが出てきて案内をしてくれます。

バリ島コーヒー農園

こちらの農園ではコーヒーの木だけではなく、カカオの木や、ジンジャー、ナツメグ、シナモンなどの香草の葉も栽培されているとのこと。おっちゃんは、ひとつひとつ実を取って、スパイス香りを嗅がせてくれました。

私はカカオの実を実際に見るのが初めてだったので、コーヒー豆よりもカカオ豆に興奮(笑)。

↓コーヒーの実バリ島コーヒー農園

↓カカオの実バリ島コーヒー農園

さらに農園を奥に進んでいくと、ルアックコーヒーの生みの親(?)、ジャコウネコの飼育小屋を発見。夜行性なので、昼間は寝ているということ。

バリ島コーヒー農園
すぷやん
すぷやん
いっぱい寝て、いっぱい食べて、美味しいコーヒーをいっぱい排出してね(笑)。

観光農園のため規模は小さいのですが、一度にコーヒーやカカオの木、色々な種類のスパイスの葉を見られるのは、とっても楽しくてテンションが上がります。

↓こちらが実際に収穫した、コーヒー豆やスパイスなどなど。バリ島コーヒー農園

↓ちなみにこちらが、コーヒーの生豆!ただし、この時点ではまだコーヒーの素敵な香りはしません。ルアックコーヒー

↓こんなふうに、おばちゃんがコーヒー豆を焙煎(ロースト)することで、豆の色が変わり、私たちの知っている素敵な香りのコーヒー豆になっていくのです。バリ島コーヒー農園

コーヒーやお茶のテイスティングが楽しい!

12種類のコーヒー・お茶を試飲(無料)

バリ島のコーヒー農園で一番楽しいのが、色々な種類のコーヒーやお茶を飲み比べできちゃうところ。訪れる農園によって、種類や数は多少異なるようです。

私が訪れた農園では12種類のコーヒーとお茶を試飲させてくれました。ちなみにこれには料金が一切かかりません!

バリ島コーヒー農園で試飲

こんな風に、コーヒー・お茶の種類が記されたボードに、カップがずらりと並べられます。これ、見るだけでもテンション上がってきませんか!?

コーヒーやハーブティーが好きな方にとっては、至福の時間♡ 味は美味しいものもあれば、いまいちのものもあったけど、それでも飲み比べそのものが、とてつもなく楽しい!!

すぷやん
すぷやん
お酒が好きな人にとっての、ビールや日本酒の飲み比べと、きっと似てるんだろうな。

以下、私がそれぞれの飲んだ感想を、簡単にメモしておきます。全体的に砂糖が入り過ぎてて甘めではありましたが、バリ観光のお土産を選ぶ際などの参考にしてみてください。

  1. バリコーヒー
    ベトナムコーヒーのように、フィルターを通さず、コーヒーの粉をカップに沈殿させて飲むスタイル。サラっとしていて飲みやすいけど、ヨーロッパ風の濃い目のコーヒーが好きな私の好みではなかった。
  2. ココナッツコーヒー
    ココナッツ風味のコーヒー。美味しかった!!ココナッツシュガーとミルクが入っており、やや甘め。砂糖なしのものをお土産に買うことにした。
  3. バニラコーヒー
    バニラ風味のコーヒー。ひたすら甘くて、バニラの風味はあまり感じられなかった。(砂糖が入り過ぎただけかもしれないので、砂糖なしのものを飲んでみたい)
  4. 高麗人参コーヒー
    高麗人参のパウダーが入っているコーヒー。高麗人参の風味は感じられるものの、苦みなどはなく飲みやすい。あえてお土産には買わないけど、バリを訪れたら一度は飲んでみてほしい。
  5. バリ モカコーヒー
    とにかく甘くて、モカの味が感じられませんでした(笑)。試飲コーヒーにはデフォルト砂糖なしにしてほしいな。
  6. バリ ココア
    農園でカカオ豆を見たので期待したのですが、正直ココアは微妙だった。薄くて風味がない感じ。ただし、コーヒーも全体的に薄かったので、淹れ方の問題かもしれない。
  7. スパイスティー
    唐辛子などのスパイスを効かせた、辛味のあるお茶。美味しいけど、普段のティータイムに飲むには、ちょっと刺激的すぎるかなぁ〜(笑)。
  8. レモングラスティー
    レモングラスの香りがしっかりしていて、とっても美味しかった。毎日でも飲みたいし、お土産に買っていきたい一品。
  9. ジンジャーティー
    ジンジャーのぴりっとした香りが効いていて、美味しかった。日本で販売されているものより、ジンジャーがよく効いているので、冬に飲んで身体を温めたい。
  10. マンゴスチンティー
    フルーティーでとっても飲みやすくて美味しい。老若男女問わずに、みんな好きな味。日本ではあまり見かけないので、お土産にぜひ買っていきたい。
  11. ハイビスカスティー
    まろやかで柔らかな味でとても飲みやすい。日本で市販されているハイビスカスティーのティーバッグなんかより、ハイビスカスの味が濃くて美味しい。
  12. マンデリンコーヒー(写真見切れ)
    インドネシア・スマトラ島のコーヒー。馴染みのある味で美味しかったけど、やっぱり薄めなのと砂糖入れ過ぎ・・・(笑)。

 

世界一高価な「ルアック・コーヒー」も試飲してみた!(有料)

コーヒー農園ではルアックコーヒーも、もちろん試飲できます。150,000ルピア(約390 2018年5月現在)と、東京で飲むのに比べてかなりリーズナブル。

せっかくなので、本場バリ島で世界一高級なコーヒー「ルアックコーヒー」を頂きました。

ルアックコーヒー

コーヒー農園で飲んだルアックコーヒーは、まろやかでサラッとした口触り。コーヒーの抽出方法によっても味が変わるので一概には言えませんが、ルアックコーヒーは癖がなくて飲みやすい印象でした。

個人的にはコロンビアなどの苦味の強いコーヒーが好きなので、ルアックコーヒーはそんなに好みではありませんでした(笑)。逆に言うと、苦みがなくさっぱりしているので、コーヒーが苦手な方でも飲みやすいかと思います。

チョコレートも試食させてくれた(無料)

先ほど、農園でカカオ豆が栽培されているのをご紹介しましたが、そのカカオ豆からはチョコレートも作っているとのこと。ということで、なんとチョコレートも4種類、試食させてくれました(ダーク、ジンジャー、オレンジ、チリ)。

バリ島コーヒー農園

チョコレートもまろやか&ソフトな口当たりで、とっても美味しかったです。

チリ(唐辛子入り)は、後からジワジワと辛さがやってきて、口の中を長時間ピリつかせるので、辛いものが苦手な方は注意しましょう(笑)。個人的にはダーク(プレーン)とオレンジがお気に入り♩

実はカカオの生産量も、世界的に多いインドネシア。インドネシア・バリ島のお土産として、チョコレートもオススメです。

お土産コーナーで、気に入ったコーヒー・お茶を購入

バリ島コーヒー農園

コーヒー農園にはお土産コーナーもあり、気に入ったコーヒーやお茶を購入することができます。農園見学や試飲が無料な理由はここにあるわけですね(笑)。何も購入しない場合は、案内役の方に少しばかりのチップを渡しても良いかもしれません。

私は会社のお土産用に、ルアックコーヒー(コピ・ルアック)を購入しました。50gで250,000ルピア(約1,960円)と、スーパーや街のお土産屋さんの2倍のお値段がします。

ルアックコーヒー

ただ、街に大量に出回っているルアックコーヒーは、おそらく他の豆とブレンドされていたり100%ピュアなものは少ないと思います。こんなに希少なコーヒーが、スーパーに大量に出回っているわけがないのです(笑)。

コーヒー農園で買うコーヒーが100%本物とは言い切れませんが、街で買うよりは良いかなぁ〜と思い、ちょっと高いけど奮発して購入。(豆で買っても、粉で買っても同じ値段なので、コーヒーミルがある方は豆で買うのをおすすめ!)

帰国後に飲むのが楽しみです♩

まとめ:コーヒー好きなら、バリ島コーヒー農園へ!

皆さんもバリに訪れる際は、一度はコーヒー農園に足を運んでみてください。

すぷやん
すぷやん
コーヒーやお茶が好きな方なら、絶対に楽しめますよ!!

特に12種類のテイスティングは、必ずテンションが上がります。コーヒー好きなら一度は飲んでみたい、世界一の高級コーヒー「ルアックコーヒー(コピ・ルアック)」も、わずか390円で試飲できちゃいます。

コーヒー農園は、バリ島の中心街・ウブドから車で30分程度で訪れることができます。周辺観光のついでに、ぜひ立ち寄ってみてください!