【ミャンマー観光】早朝のフライトに便利!ヤンゴン空港近くの「High Five Hotel(ハイファイブホテル)」がおすすめ

f:id:life-buffet:20180101023024p:plain

2017~2018年の年末年始に、ミャンマーへひとり旅に行ってきました。

私は初日、深夜の便で首都ヤンゴンに着き、翌日の早朝便(国内線)でバガンへと移動しました。その際に利用した、ヤンゴン空港近くのHigh Five Hotel(ハイファイブホテル) がとても快適&コスパが良かったので、ご紹介したいと思います。

ヤンゴン空港から、車でわずか10分弱!

タクシーで300円の距離

ヤンゴン国際空港から、車でわずか9分という立地にある、High Five Hotel(ハイファイブホテル)。深夜に到着しても、タクシーで3,000チャット約300円 2018年1月現在)でホテルまで行けました。

ちなみに、ホテルの送迎を頼むとUS$15。ちょっと割高だし、ミャンマーは比較的治安が良いしタクシーで騙されたり、別のところに連れて行かれることはほとんど無いので、空港でタクシーを拾った方が良いかと思います!

f:id:life-buffet:20180118203547p:plain

ホテルから空港までのシャトルサービスは無料

翌日、ホテルから空港に向かうときのシャトルサービスは、なんと無料で行なってくれます。早朝のフライトで帰国するときや、私のように国内線で別の都市に移動するときは、10分で空港に行けるので本当に便利です。

周辺ホテルに比べ、レビュー点数が高くて料金が安い!

残念ながら、空港周辺のホテルは、ヤンゴン中心部の宿に比べ少し相場が高め。でも、1日しか宿泊しないなら、しかも早朝には出発してしまうのなら、できるだけ安い宿を選びたいですよね?

空港周辺のホテルは、最低価格がUS$50くらいからのところが多いのですが、 High Five Hotel(ハイファイブホテル)はUS$35〜宿泊できます。実際の価格は、季節やお部屋のグレードによって変動するので、自分の宿泊日でチェックしましょう。

f:id:life-buffet:20180101015012j:image

さらに他の周辺ホテルが、レビュースコア8.0以下なのに対し、High Five Hotel(ハイファイブホテル)は、8.8と高評価!(2018年1月現在 Booking.com のレビューを参照)

実際に、予約を取った翌日にホテルからメールでメッセージが届いたり、レセプトのスタッフもみんな親切でした。両替をお願いしたら、「うちのホテルは相場が悪いから、空港で両替した方が良いよ」ってわざわざ教えてくれました(笑)。

ヤンゴン空港周辺ホテル

価格やレビュースコアは日々変動するものなので、ご参考までに空港周辺ホテルをリストアップしておきますね。

お値段の割に、お部屋が広くて快適

私が泊まったお部屋は、「バジェットルーム(5階、エレベーター無し)」。エレベーターは無いけど、チェックインするときはボーイさんが荷物を運んでくれるので、ご安心ください。

f:id:life-buffet:20180101014959j:image

一人で泊まるには、勿体無いくらい広々したお部屋。一般的なエコノミーホテルって、狭っ苦しくて好きじゃないんだけど、これくらい広いとめっちゃ快適♡

ペットボトルのお水2本は無料です。ドライヤーもお部屋に備え付けだと楽で良いですね(安宿の場合、レセプトで都度貸出しのところも多い)。

f:id:life-buffet:20180101015004j:image

エアコンももちろん付いています。(私は寒がりなので基本、付けませんが・・・)

無駄に大きな鏡と化粧台があって、女子には嬉しいです。こんな大きな鏡が部屋に付いているのって、なかなか珍しい!!

f:id:life-buffet:20180101015038j:image

東南アジアのバスルームには基本期待をしていないのですが、トイレとシャワーの距離が広くて、間にシャワーカーテンも付いていました!

f:id:life-buffet:20180101015139j:image

トイレのすぐ隣にシャワーが付いていると使い辛いんだよね。(注:高級ホテルはバスタブとか付いてますが、アジアのエコノミーホテルって、こういう感じです。)

シャワーはちゃんとお湯が出ましたよ(超重要)。5階でしたが、水圧もまあまあ。長い髪の女子が、ギリ快適にシャワーを浴びれるくらい(笑)。

f:id:life-buffet:20180101015024j:image

ちなみに、ミャンマーのコンセントって、上の写真のように色んなタイプのプラグに対応しているケースが多いです。日本のプラグもそのまま差し込めますよ。

私は深夜の到着だったので利用しませんでしたが、ルームサービスもあるようです。

f:id:life-buffet:20180101015125j:image

観光の中心地からは少し離れていて、周りにあまりお店は無さそうなので、ホテルで食事が取れるのは嬉しいですね。

まとめ: ハイファイブホテルはコスパ最高だった!

私はいつも海外では、エコノミーホテル(1,000円以下の安宿よりは高級で、高級ホテルよりはチープな、そこそこ快適でアットホームなお部屋)を利用することが多いですが、中でもここは部屋やバスルームが広くて快適でした。

ヤンゴン中心部から空港までは少し距離があります(車で1時間程度)。ヤンゴンで早朝便を利用する際は、今回ご紹介したハイファイブホテルが、コスパが高くておすすめですよ。

 

あわせて読みたい
ミャンマー国内線の予約方法&搭乗レポ(Mann Yadanarpon Airlines)|ミャンマーひとり旅 2017年~2018年の年末年始に、ミャンマーにひとり旅してきました。 ミャンマーは都市間の距離が離れているため、移動手段...
あわせて読みたい
バガン観光には馬車の移動がおすすめ!(馬車での観光モデルコースご紹介)|ミャンマーひとり旅② ミャンマー屈指の仏教の聖地「バガン」の町では、なんと馬車に乗って観光ができます。馬車に乗って遺跡巡りなんて、なんだかロマンチック...