【金浦空港から仁川空港の移動方法】韓国トランジットは空港鉄道(A’REX)が便利!

f:id:life-buffet:20171230152011p:plain

2017年12月末、韓国で「金浦空港から仁川空港」と空港をまたがる乗り継ぎをしました。

トランジットだけで韓国に寄るのなら、必要最低限の韓国ウォンだけを両替したいですよね!?

そこで、一番安くて簡単な電車での移動方法と費用をご紹介したいと思います。

 

1,000円だけ両替して、空港鉄道A’REXを利用しよう!

f:id:life-buffet:20171230155450j:plain

金浦空港から仁川空港への移動手段

空港鉄道(A’REX)での移動が安くて便利です。昼間であれば約10分おきに電車が出ています

ご参考までに時刻表(2017年12月末現在)を載せておきますが、最新版はA’rexの公式サイト(日本語)でチェックしましょう。ちなみに、グレーで記載されている時間の電車は、仁川空港まで行かずに途中で止まってしまいますので注意しましょう。

f:id:life-buffet:20171230090437p:plain

移動費用は(いくら両替すれば良い?)

金浦空港から仁川空港までの、A’REXの片道乗車券は4,350ウォンです。日本円でたったの460円(2017年12月現在)。そのうち500ウォンはICカードのデポジット料金なので、仁川空港に到着した際、払い戻しを行えば返ってきます。

何か買ったり、遊ぶ予定が特になければ、とりあえず金浦空港で1,000円分だけ両替すればOK。余った5,700ウォンで、コーヒー等を買えばちょうど使いきれます。

所要時間

金浦空港駅から仁川空港駅への電車の所要時間は40分弱です。

空港を移動するトランジットの場合は、荷物を一度ピックアップして、移動してからまた預け直す必要があります。入国審査・出国審査の手続きの時間も考えると、最低でも3時間〜3時間半以上は、飛行機の時間をあけておくことをオススメします。

AREXを利用した移動手順

「空港鉄道」の案内板に従って進む

f:id:life-buffet:20171230144835j:image

金浦空港に到着したら、とにかく「空港鉄道」「AREX」 「インチョンクウコウ」と書かれた案内板の方向に進んでいきましょう。

まずは金浦空港の地下1Fに降り、ひたすら動く歩道を進んで行きます。

f:id:life-buffet:20171230155949j:image

途中で、「AREX」の表記がなくなるゾーンがありますがご心配なく!写真の青のマークを目印に進んで行きましょう。

とにかく案内板の矢印に沿って進んでいけば、迷うことはありません。

f:id:life-buffet:20171230144849j:image

券売機で乗車券を購入

改札の前に、自動券売機が並んでいます。券売機には日本語での案内もありますので、画面に沿って購入すればOK。

f:id:life-buffet:20171230144911j:image
  1. 行き先(仁川国際空港)を選ぶ
  2. 片道乗車券を選ぶ。
  3. 4,350ウォンを入れる

これだけのステップで、仁川空港行きの片道乗車券をゲットできます。

f:id:life-buffet:20171230144841j:image

乗り場は地下4F

仁川空港行きの電車は地下4Fホームを走っています。改札を抜けたら、目の前のエスカレーターをくだります。ちなみに地下3Fはソウル駅方面なので、間違えないように気をつけましょう。

f:id:life-buffet:20171230144855j:image

ホームに着いたら、あとは電車に乗るだけですが、前述したように途中駅までしか行かない電車もあります。

必ず「仁川国際空港(Incheon International Airport)行き」の表示とアナウンスを確認して乗るようにしましょう!

まあ、仮に違う電車に乗ったとしても、方向は正しいので、また後から来る電車に乗ればたどり着きはしますが・・・。

到着したらデポジットを払い戻そう

仁川空港に到着したら、保証金払い戻し機が改札を出た正面に設置してあります。ここでカードを返却すると、デポジットの500ウォンが戻ってきます

日本のICカードのデポジットは500円なので勘違いしがちですが、500ウォンはたったの50円なので、残念ながら戻ってきたデポジットだけではジュースは買えません(笑)。

f:id:life-buffet:20171230144934j:image

まとめ

金浦空港から仁川空港の移動
  • 韓国での空港間の移動は、空港鉄道(A’REX)の利用が便利!
  • 日本の電車に乗る感覚とほぼ同じで利用できる。
  • 電車賃は500円弱(4,350ウォン)。
  • 空港間の所要時間は約40分。
  • 出入国手続きを踏まえ、3時間半以上は飛行機の時間をあけておこう。

以上!

皆さまも必要最低限のウォンで、韓国のトランジットをしましょう。

▼韓国の新しいLCC「エアソウル」の利用を検討中の方は、こちらの記事もご参照ください。

あわせて読みたい
【エアソウル搭乗レポ】アシアナ航空の予約がコードシェア便でLCCだった 2018年8月、エアソウルで、成田からソウルの仁川空港に行ってきたので、搭乗レポをしていきます。 エアソウルは、2015年...