【バガンのマイナーおすすめ観光地】バガンビューイングタワー&ミンナントゥ村|ミャンマーひとり旅③

f:id:life-buffet:20180107012110p:plain

ミャンマーを7泊8日の一人旅を満喫してきました、すぷやん(@life_buffet)です。

バガンの東南部にある、バガンビューイングタワーミン・ナン・トゥ村に行って来ました。どちらも、どのガイドブックにも掲載されているものの、観光の中心であるオールドバガンと方向が逆のせいか、意外と観光客が少ないのです。

その分、のんびりと町の雰囲気を味わるし、行かないと勿体無いくらい素敵な場所だったので、ご紹介させて頂きます♩

バガン・ビューイング・タワーでバガンを見渡そう

13階建ての新名所、バガン・ビューイング・タワー

バガンビューイングタワーは 2005年にオープンしたバガンの新名所(?)。入館料はUSドル。以前は10USドルだったらしいけど、さすがに高すぎるということで、値下げしたようです(笑)。

f:id:life-buffet:20180107005928j:image

入館料にはウェルカムドリンクが含まれていて、タマリンドジュースを出してくれます。タマリンドは東南アジアでよく食べられているフルーツ。酸味が強いので調味料として使われることが多いです。タマリンドジュースは、梅ジュースのように甘酸っぱくて、ちょっと癖になる味(苦手な人は苦手って感じ)。

360℃のパノラマを満喫できる

エレベーターで屋上まで上がっていくと、なんとバガンの町全体を360℃見渡すことができます。見てください、この壮大な景色!!f:id:life-buffet:20180107010217j:image

f:id:life-buffet:20180107092007j:image

これで5ドルなら、普通に観光客は払うよね。確かに10ドルは高いと思うけど(笑)。

遠くの方に金色の寺院も見えます。冒頭に述べた通り、意外と人が少ないので、のんびり景色を楽しめますよ。

f:id:life-buffet:20180107010056j:image

実は地元の評判が悪い、バガン・ビューイング・タワー

実はこのタワー、地元の人たちからは「景観を損ねる」と評判が悪いのです。あのパノラマが見れるんだから、そんなに悪くないんじゃないかなぁ〜とも思ったのですが・・・確かに、高いタワーだけあって遠くからもよく見えるんですね。

f:id:life-buffet:20180107010014j:image

仏塔の風景に映り込むタワー・・・うん、確かにちょっと邪魔かも(笑)。っていうか、デザインが悪い気がします。

タワー自体の評判はイマイチですが、屋上から見えるパノラマは確かに見る価値ありなので、ぜひバガンに来たら訪れてみてください!

のんびりした雰囲気に癒される、ミン・ナン・トゥ村

ミン・ナン・トゥ村は、バガン・ビューイング・タワーから馬車で20分ほど揺られたところにある、小さな村(途中、色々な仏塔を見学しているので、実際にはもっとかかっています)。

ちなみに、ミン・ナン・トゥ村までの道はほぼ砂地だから、自転車やEバイクで行くのはおすすめしません。タクシーか、個人的には馬車がおすすめ

あわせて読みたい
バガン観光には馬車の移動がおすすめ!(馬車での観光モデルコースご紹介)|ミャンマーひとり旅② ミャンマー屈指の仏教の聖地「バガン」の町では、なんと馬車に乗って観光ができます。馬車に乗って遺跡巡りなんて、なんだかロマンチック...

村人が村を案内してくれる

さて、村に着くと、1グループに1人、村の人が付いてくれて村を一通りガイドしてくれます。

f:id:life-buffet:20180107005531j:image

ガイド代として最後にチップ3,000チャット(約300円)くらいを渡してあげて下さいね。ケチして自分で周ることは多分できないし、確実に迷うのでやめましょう(笑)。

ところで、ミャンマーの人たちは老若男女問わず、顔に黄土色の粉をつけています。これは、「タナカ」という天然化粧品で、日焼け止めの役割をしてくれるのです!

f:id:life-buffet:20180107005639j:plain

この写真は、タナカの原料となる木をすりつぶしている様子。木が原材料って、まさに天然化粧品(笑)!ちなみに、日本語の田中さんとは関係ありません。

バガンの名産品を織る様子を見学

バガン・・・というか、ミャンマーの名産品の代表といえば「織物」。お土産やさんには、織生地のバッグやスカーフ、ロンヂー(ミャンマーの民族衣装)などが並んでいます。ちなみに、ミンナントゥ村でもスカーフやロンヂーを買うことができます。

おばあちゃんが糸を紡いでいる様子。

f:id:life-buffet:20180107005547j:image

ちなみにこのおばあちゃん、るるぶのガイドブックに載っていると自慢していました(笑)。分かるな、なんか絵になるもん。私もたくさん写真撮らせてもらっちゃいました。

糸の染色もこの村で行っています。色によっては天然染料だったり、化学染料だったりするようです。ちなみに、このお姉さんもタナカを塗っていますね。

f:id:life-buffet:20180107110258j:image

お姉さんが糸から布を織っている様子。

f:id:life-buffet:20180107005631j:image

休憩しているおばさん(笑)。これもミャンマーのタバコ(葉巻)だそうで、原料は全て無添加とのこと。ミャンマーでは愛煙家が多いらしく、女性もよく吸っています。

f:id:life-buffet:20180107005701j:image

大きい牛に遭遇。とにかくデカイ。さて、この子は「COW」なのだろうか、「BEEF」なのだろうか・・・(笑)。

f:id:life-buffet:20180107110223j:image

ランチはこの村で食べておこう

ちなみに、ミン・ナン・トゥ村では、ランチや簡単な軽食を取ることもできます。全体的に、観光客価格でちょっと高めな印象ではありました。でも、この辺りには他にレストランは無いので、軽く食べておくことをオススメします。あ、もしかしてさっきの牛って・・・!?

私は、蒸しバナナのココナッツミルクがけ(250円くらいだった気がする)を頂きました。優しい味で美味しかった。

f:id:life-buffet:20180107110153j:image

まとめ

いかがでしたか?バガン・ビューイング・タワーの眺望と、ミン・ナン・トゥ村のほのぼのした、素敵な雰囲気が伝わりましたでしょうか?せっかくバガンに来て、この村を訪れないのはもったいないので、ぜひ時間のある方は観光ルートに入れてみてくださいね。

あわせて読みたい
バガンの絶景穴場スポット「ブルディ(Buledi)」は朝日におすすめ!(2018年 シュエサンドーパヤーは閉鎖中)|ミャンマーひとり旅①  2018年の年末年始、ミャンマーのバガンを一人旅満喫中のすぷやん(@life_buffet)です。 ...
あわせて読みたい
【ミャンマー最大の聖地】ヤンゴンのシュエダゴン・パゴダが、とんでもなかった!|ミャンマーひとり旅④ バガンから、ミャンマーの首都ヤンゴンに移動し、まず最初に向かったのは「シュエダゴン・パゴダ」。 2,500年もの歴史を持ち...