食レポ

【名古屋・手羽先サミット金賞受賞】居酒屋「楽酔」の手羽唐が美味しすぎる!

名古屋 × 手羽先

名古屋に訪れたなら、食べ忘れてはいけないもの。それは名古屋名物 手羽先

「山ちゃん」や「風来坊」は有名ですが、全国にチェーン店を展開しているので、正直名古屋じゃなくても食べられます・・・。

シロクマくん
シロクマくん
せっかく名古屋に来たなら、名古屋でしか食べられない手羽先が食べたい!!しかも美味しい手羽先が食べたい!!

そんなあなたにオススメなのが、名古屋駅から徒歩8分の居酒屋「楽酔」。ここで食べられる「がんこ社長の手羽唐」が、とてつもなく美味しいのです!!

心地良い空間、居酒屋「楽酔(がっすい)」

実は2軒目のお店を探していて、たまたま辿り付いたのが居酒屋「楽酔」さん。すでにお腹いっぱいの私たちでしたが、金賞受賞の手羽先の響きにつられて、店に引き寄せられていったのでした。

手羽先サミット金賞受賞「がんこ社長の手羽唐」

名古屋 手羽先

居酒屋「楽酔」の手羽唐は、その名も「がんこ社長の手羽唐」。食べる前から社長のこだわりが、ひしひしと伝わってきます(笑)。

食べてみると期待以上の美味しさ!!醤油ベースの味付けで、しっかり濃い味だけどサッパリしていて食べやすい。皮はカリッカリのパリッパリでめっちゃくちゃ香ばしい!にもかかわらず、身は柔らかくてジューシーという、このギャップが堪らない♡ 黒胡椒の効き具合も最高。

個人的には、山ちゃんや風来坊の手羽先よりずっと好み。2軒目でお腹いっぱいだったけど、サラッと2本頂きました(笑)。できれば持ち帰りしたかったなぁ〜。

この「がんこ社長の手羽唐」は、なんと手羽先サミット2015で金賞を受賞しています。(2015年ってちょっと前だけど、味は変わらず美味しいままですよ)

ちなみに手羽先サミットは今年(2018年)で5回目。毎年6月に名古屋の久屋大通公園で開催されているようなので、気になる方はぜひ足を運んでみてください(入場無料)。

いろんな種類の手羽先を、一度に食べ比べられるって絶対楽しいと思います!

「とり刺し」や「刺身」も新鮮でオススメ!

名古屋「楽酔」とり刺

お腹いっぱい・・・と言いつつ、我々は手羽先に加え「とり刺」もオーダー。これが新鮮でとっても美味しかったんです。

というか、どうせなら1軒目に来て、もっとガッツリ色々食べたかったよ!!

ちなみに居酒屋「楽酔」の近くには中央卸売市場(魚市場)もあり、そこから新鮮な魚を仕入れているとのこと。今回、私たちはオーダーしなかったのですが、次訪れた時はぜひお刺身やお魚も食べたいですね。

ちなみに味噌カツやアサリの浜焼きなど、名古屋名物もたくさん扱っているので、旅行者の方に特にオススメしたいです。

初めてでも入りやすい、雰囲気の良い居酒屋

居酒屋「楽酔」さんは、カウンター10席くらいと、テーブル席も10席くらいの、小ぢんまりとしたお店

小ぢんまりしたお店って、常連じゃないと入りにくいことも多いのですが、「楽酔」は初めての方でも、お一人様でも、女性でも入りやすいです。もちろん私たちも初めて訪れましたが、フラッと入れちゃう感じ。とっても心地良い雰囲気なんですよね。とはいえ、お客さんの半分くらいはリピーターさんのようでした。

名古屋居酒屋「楽酔」を訪れた有名人のサイン

カウンターの一角には、有名人のサインもありました。ロケだか取材だかで訪れたようです。左からロッチ、千原ジュニア、右は確か・・・すぎちゃんって言っていたような?(笑)

まあ、とにかく入りやすいので、手羽唐を食べにフラッと立ち寄ってみることをオススメします!!

金賞受賞「がんこ社長の手羽唐」が食べられるお店

居酒屋「楽酔」へのアクセス方法

最寄駅は、地下鉄桜通線の国際センター駅(徒歩2分)ですが、名古屋駅からも徒歩8分です。

柳橋中央市場側に向かって歩いていけば辿り着きます!大通りから少しだけ脇道に入ったところなので、見逃さないようにしてくださいね。

居酒屋「鶴八」でも食べられる!

がんこ社長の手羽唐」は、もともとは「鶴八」という別の居酒屋が発祥のようです。同じ社長さんが経営しているので、「楽酔」でも扱っているんですね。

ということで、居酒屋「鶴八」は名古屋駅徒歩3分と、さらに駅チカ。食べログ評価も高いので、こちらも訪問の価値ありです。

まとめ:「がんこ社長の手羽唐」一度は食べてみて!!

手羽先サミット2015で金賞を受賞した「がんこ社長の手羽唐」は、名古屋に訪れたらぜひ食べたい一品です。醤油と黒胡椒の甘辛ベースに、カリカリの皮がとてつもなく美味しい♡

「がんこ社長の手羽唐」は、名古屋駅から徒歩で行ける居酒屋「楽酔」居酒屋「鶴八」で食べることができます。

名古屋在住の方も、名古屋に旅行で訪れる方も、ぜひぜひチェックしてみてください。

あわせて読みたい
名古屋の格安温泉“宿”なら「湯〜とぴあ宝」という選択肢はいかが? 先日、1泊2日で名古屋食べ歩き旅行に行って参りました。 我々の旅の目的は食べ歩き・飲み歩きだったため、あまり宿にお金は掛け...